レディ

憎きニキビを早急に対処して美しくなろう|美容皮膚科での簡単施術

肌のしみの治療法

鏡を見る女性

レーザーによるしみの治療

お顔の目立つ「しみ」に悩まれている女性は非常に多く、さらに最近では男性の美意識の高まりから、美容皮膚科に「しみ治療」の相談に来る男性も、年々増加傾向にあります。まずお肌のしみとは「メラニン」という色素の沈着です。メラニンが沈着してしまう主な要因が、加齢や過度の紫外線、ホルモンの変化などとされています。一言にしみと言っても、肝斑やそばかす、炎症後色素沈着症、老人性色素斑など、発生の原因や症状によって、こまかく幾つかの種類に分けられます。美容皮膚科でのしみ治療は、しみの種類によって治療法が異なりますので、まずは自分のしみの種類や原因を、専門医とともに把握することが重要とされています。現在最も効果が高く人気のある、美容皮膚科でのしみ治療が「レーザー治療」です。しみはまず肌の表面に現れ、徐々に肌深層にまで広がっていきます。表面のしみは、シミ取りクリームや、外用剤での除去が可能ですが、深いしみはレーザー治療でしか除去は難しいとされています。レーザー治療が有効とされているしみが、そばかす、老人性色素斑、脂漏性角化症などです。もちろんレーザー治療で除去が難しい種類のしみもあり、中には悪化してしまうケースあります。その為、施術前の専門医によるカウンセリングと連携がとても重要なのです。

外用剤などでのしみの治療

美容皮膚科でのしみ治療で、現在最も人気の「レーザー治療」のメリットが、即効性が高く短期間で、しみの完全な除去が可能な点とされています。レーザー光は「黒い」色素にのみ反応し熱エネルギーを発生させ、色素の元である「メラニン」の破壊が可能です。色素以外の他の細胞にダメージを与えることはない為、とても安全な治療法なのです。レーザーを照射すると、数日後しみのあった部分にカサブタが形成されます。カサブタはさらに数日経過すると自然に剥がれ、しみ治療は終了となります。このレーザー照射での除去が困難なしみが、肝斑や炎症後色素沈着症といった種類のしみです。これらのしみの除去には、外用剤や内服による治療の方が有効とされています。肝斑、炎症後色素沈着症どちらのしみにおいても、除去効果が高いのが、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という外用剤です。ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑制し、色素量を抑える効果が非常に高く、肌の漂白剤とも呼ばれています。そしてトレチノインは肌のターンオーバーを活性化する効果があり、メラニン色素の体外への排出に非常に有効なのです。また肝斑の除去には、ビタミン剤やトラネムサム酸の内服も有効とされています。